古田亘(ふるた わたる) 写真家 / 映像作家

略歴
1971 年 、静 岡 市 生 ま れ 。カ ナ ダ 国 際 大 学 卒 。制 作 会 社 に て 様 々 な メ デ ィ ア コ ンテンツのプロデュース、ディレクションを手がけた後、2001年に株式会社ゴーグルを設立。浅野忠信初監督作品「トー リ」(’04年)のプロデュースや、サーフドキュメンタリー映画「アドア」(’07年)の監督として注目を集めた。その他、 BS-TBSなどのテレビ番組やキャンペーン、HELLO! PROJECTによる舞台公演のためのデザインや写真、映像演出を数多く 手がけている。デザイン、写真、CM演出などプロジェクト全般を担当することが多い。2015年に写真展「少年と海」、2016年に写真展「GREEN GATE」を東京 代官山のGALLERY SPEAK FORにて開催。2009 年より「いぶすき子ども映画祭」審査委員長。

受賞歴
2015年 BS-TBS功労賞受賞
2016年 APA 日本広告写真家協会 アワード2016広告作品部門入選
2016年 JPS 日本写真家協会 第41回2016JPS展優秀賞受賞
2017年 AJAPS 全日本写真連盟 第16回全日本モノクロ写真展入選

 

古田亘は、広告やテレビ番組、映画、舞台などで俳優、タレントたちの撮影を数多く手がけている写真家・映像作家。スチール写真を撮るだけではなく、プロデューサーやディレクターとしてのキャリアも厚いことから、コンテンツ創作へ写真やグラフィックの角度から包括的にクリエイションを手がけられるのが彼の醍醐味。被写体がその時々にまとうべき役柄の美をすくいあげ、演出上の意図へレンズを通して的確にアプローチできる、そんな希有な才能が高く評価されている。—-GALLERY SPEAK FOR「少年と海」展 プレスリリースより—-

 

 

WATARU FURUTA

PHOTOGRAPHER / GRAPHIC DESIGNER / MOVIE DIRECTOR / CINEMATOGRAPHER

Born in Shizuoka Prefecture, Japan 1971. After being responsible for sales, advertisement and promotion at computer company, CSK, he moved on to a video production company where he was in charge of design; direction; computer graphics for films, commericals, games and television programs; as well as Hollywood and other foreign co-production projects. In 2001, he established “goggle Inc.”, directing videos for TBS and BS-TBS programs.  He directed and produced some short films and TV programs. In 2007, the documentary film, “ADOR” (45min) was screened in Shibuya, Yokohama, Kyoto, Osaka, Kobe and Fukuoka.  Since 2008, he began to act as a photographer.  Mainly, he works for advertisements of TV program, advertisement, theatrical play and feature films.  He also stated his original photograph series “boys and sea” and “players”.

 

While Wataru Furuta’s professional career has consisted on shoots for ads, TV shows, films, and stage performances, one personal series focuses on ocean landscapes. Ten years ago Furuta moved with his family to Hayama, Kanagawa Prefecture and here he began taking pictures with a camera as if writing a diary as part of his daily life. The innocence found in his professional photography is also discerned here, yet these images capture the beauty of the ocean’s calm and the fearsomeness of its turbulence with an awareness of its special kind of beauty and drama inimitable by humans. With quiet inflections of color and form, these photographs reveal emotions that appear differently each time and leave strong impressions upon the viewer. Furuta’s gaze also expresses his desire for his three sons to grow and develop a good relationship with the sea, giving these works an expansiveness not usually found in ocean photography.—- Gallery Press–

 

 

経歴
1971年 8月21日静岡県静岡市生まれ。
1992年 Canadian International College (vancouver, Canada)卒。
1992年〜1996年 株式会社CSK(現:SCSK株式会社)。
1996年 早稲田大学システム科学研究所修了。
1996年〜2000年 株式会社フューチャー・パイレーツ。映画、テレビ番組、ミュージックビデオ、ゲームソフト、ネットワーク事業、イベントなど様々なメディアでコンテンツのプロデュース、ディレクションを担当。
2000年 BSデジタル放送開局記念特別番組「地球大爆破(監督:竹内スグル、田中秀幸、関口現、サイモン・テイラー、フランク・サクラメント)」(BS-TBS)をプロデュース。メルボルン国際映画祭、エジンバラ国際映画祭、スペインsonar、イギリスonedotzero、ショートショートフィルムフェスティバルなど各国の映画祭に招待される。
2001年 独立。佐藤友紀と株式会社ゴーグルを設立。BS-TBS、BSフジ共同製作番組「68(ろくはち)」プロデュース/演出、浅野忠信 初監督作品「トーリ」プロデュース、そのほか短編映画やテレビ番組、オープニングタイトルなど製作。
2005年 短編映画「彼女の告白」監督 -UTB、JETRO主催 [Picture Battle vs Show Biz Japan (審査委員長:井筒和幸)] 審査員特別賞受賞。ブリスベン国際映画祭正式招待。ルイヴィトン・ハワイ国際映画祭正式招待。2006年 短編映画「刺客の女」監督 - 2006年札幌短編映画祭監督賞。短編映画「スパイ最終面接」監督 -渋谷シネラセットほか劇場公開
2007年 サーフドキュメンタリー映画「アドア」を監督。渋谷Q-AXほか全国公開
2009年より「いぶすき子ども映画祭」審査委員長
2015年 BS-TBS功労賞受賞
2015年 初の個展「少年と海」を東京・代官山 GALLERY SPEAK FORにて開催
2016年 APA(日本広告写真家協会)APAアワード2016広告作品部門入選
2016年 JPS(日本写真家協会)2016JPS展 優秀賞受賞
2016年 個展「GREEN GATE」を東京・代官山 GALLERY SPEAK FORにて開催
2017年 AJAPS(全日本写真連盟)全日本モノクロ写真展入選

 

 

<個展>
2015年 「少年と海」GALLERY SPEAK FOR(東京)
2016年 「GREEN GATE」GALLERY SPEAK FOR(東京)