写真展 [少年と海]

PHOTO EXHIBITION “boys and sea”

at GALLERY SPEAK FOR, TOKYO

2015 April 24 – May 6

While Wataru Furuta’s professional career has consisted on shoots for ads, TV shows, films, and stage performances, one personal series focuses on ocean landscapes. Ten years ago Furuta moved with his family to Hayama, Kanagawa Prefecture and here he began taking pictures with a camera as if writing a diary as part of his daily life. The innocence found in his professional photography is also discerned here, yet these images capture the beauty of the ocean’s calm and the fearsomeness of its turbulence with an awareness of its special kind of beauty and drama inimitable by humans. With quiet inflections of color and form, these photographs reveal emotions that appear differently each time and leave strong impressions upon the viewer. Furuta’s gaze also expresses his desire for his three sons to grow and develop a good relationship with the sea, giving these works an expansiveness not usually found in ocean photography.

 

古田亘は、広告やテレビ番組、映画、舞台などで俳優、タレントたちの撮影を数多く手がけている写真家・映像作家。スチール写真を撮るだけではなく、プロデューサーやディレクターとしてのキャリアも厚いことから、コンテンツ創作へ写真やグラフィックの角度から包括的にクリエイションを手がけられるのが彼の醍醐味。被写体がその時々にまとうべき役柄の美をすくいあげ、演出上の意図へレンズを通して的確にアプローチできる、そんな希有な才能が高く評価されている。

一方で、彼のプライベートワークに海の情景シリーズがある。10年前、家族とともに移り住んだ神奈川県葉山町。この自然豊かな町の、小さな岬をなす浜辺でカメラで撮ることが古田のライフスタイルの一部となり、本シリーズは始まった。

今回の展覧会は、古田の海のシリーズを初めて展示する機会となる。会場では、これまでほぼ未公開だったアーカイブの中から、自薦のプリント約40点を展示・販売。また、同名タイトルの作品集の他、彼のデザインによるボディボード、ビーチサンダルや限定フォトブックなど、豊富な関連商品も紹介された。

2015 Exhibition, Photography